JavaScriptをonにしてご覧下さい

dominique-ansel-bakery

MENU
  • sns-fb
  • sns-ig
  • sns-tw

Our new sister shop at Ginza Mitsukoshi is now OPEN!
Stop by B2F, 4-6-16, GINZA, CHUO-KU, TOKYO
to meet our team and discover a menu full of brand new pastries and creations.

» RESERVATION

French Techniques,
New York Attitude

scroll

madeleine

NEXT
GENERATION
BAKERY

ニューヨークで大人気のペイストリーショップが、ついに日本に初上陸!
私たちのコンセプトは”ニュージェネレーションベーカリー”です。フランスとニューヨークのデザートをアレンジした、フレッシュでモダンな商品をお届けします。メニューを定期的にアップデートすることで、お客様に常に新しいアイデアをお届けするとともに、私たち自身も絶えず進化し続けます。

“Don’t let the creation kill the creativity”
「一つの素晴らしい創造が新たな創造を止めてしまわない様に,常にどんどん新しい創造をしていく事」

dominique ansel
dominique

CHEF
DOMINIQUE ANSEL

dominique
THE CHEF

ジェームス・ビアード・アワードを受賞したペイストリー・シェフ、ドミニク・アンセルは、ペイストリーの世界に革命をもたらしています。その仕事の核心にあるのは、革新性と創造性に富んだ精神です。2017年、「世界のベストレストラン50」の「世界のベストペストリーシェフ賞」を獲得しました。また『ビジネス・インサイダー』の「40歳以下の革新的な人々」、『クレインズ・ニューヨーク・ビジネス』誌の「40歳以下の40人」にも選出されています。シェフ・ドミニクはそのキャリアを通じて、デザートの世界に新風を吹き込む斬新なアプローチにひたむきに取り組んでいます。2015年には彼の功績に対して、フランスの権威ある勲章「農事功労賞」が授与されました。『ヴァニティ・フェア』誌は「最も影響力があるフランス人50人」に指名し、イギリスの『デイリー・メール』紙からは、「世界で最も尊敬されているペイストリー・シェフ」と称賛されました。

恐らく最も有名なエピソードは、ドミニクが「クロナッツ® (Cronut®)」を考案したことでしょう。「クロナッツ®」はクロワッサンとドーナツを組み合わせたハイブリッドスイーツで、彼のシグネチャーになっています。ニューヨークにある彼の名前を冠したベーカリーで2013年5月にお披露目されると、あっという間にちまたの話題を席巻し、世界初のバイラルなペイストリーになりました。誕生したその年に、『タイム』誌は「クロナッツ®」を「2013年の最も優れた発明品25」に選出しています。そして登場以来世界中でニュースになり、アメリカ国内では「Good Morning America」、「Today Show」、 ABCの「The Chew」、「Late Night with Jimmy Fallon」、「Live with Kelly and Michael」、CNNの「Piers Morgan Live with Anthony Bourdain」、「E! News」で取り上げられたほか、ブルームバーグなどのメディアでも報道されました。さらに「Modern Family」、「Mindy Project」、「Jeopardy!」、「Two Broke Girls」、「Comedians in Cars Getting Coffee」、「Gilmore Girls」など、数々のテレビ番組にも登場しています。

「一つの素晴らしい創造が新たな創造を止めてしまわない様に、常にどんどん新しい創造をしていく事」というシェフ・ドミニク自身の言葉が物語っているように、彼の功績はひとつのメニューでは定義しきれません。「クッキーショット™」、「フローズン スモア™」、「花咲くホットチョコレート」、「ジンジャーブレッド パインコーン」、「クリスマスモーニングシリアル」など、次々に新しいヒットメニューを発表してスイーツ界の話題をさらっています。その尽きることを知らない豊かな想像力にちなんで、『フード&ワイン』誌は彼を「料理界のゴッホ」と形容しています。また『ニューヨーク・ポスト』紙はドミニク・アンセルを、「ニューヨーク市のウィリー・ウォンカ」と称賛しています。彼の名前を冠したニューヨークのベーカリーでは、今も毎朝開店前から100人ほどのお客様が行列をつくって並んでいらっしゃいます。2015年4月には、2号店の「ドミニクアンセルキッチン」をニューヨークにオープンしました。こちらの目玉はU.P.(「Unlimited Possibilities:無限の可能性」の略)というデザートのフルコースイベントです。東京とロンドンにもお店があり、2017年秋にはレストランの1号店がロサンゼルスにオープンします。

自身で起業する前は、フランス料理店「ダニエル」のエグゼクティブ・ペイストリーシェフを務めていました。在任した6年の間に(「ダニエル」のペイストリー・シェフの中で最長)、『ニューヨーク・タイムズ』紙の4ツ星とミシュランの3ツ星を獲得しました。その後フランスの老舗ベーカリー「フォション」にも8年間近く勤務し、海外展開を担当。世界中で「フォション」ショップの開店を支援しました。2006年、2個のスーツケースだけを携えてニューヨークに拠点を移しました。そして2011年、わずか4人の従業員とともに、自身初めてのショップをオープンしました。

ドミニクはキッチンで精力的に働いているのに加えて、様々な慈善団体を献身的に支援しています。「フード・バンク・フォー・ニューヨーク・シティ」を通じた飢餓撲滅運動、「シティ・ハーベスト」、「ゴッズ・ラブ・ウィ・デリバー」などをサポートしています。「クロナッツ®」を発売した初年度だけでも、わずか24個の「クロナッツ®」ペイストリーをチャリティオークションに出品することで、$100,000あまりの資金調達を手助けしました。2014年10月、ドミニク・アンセル初のレシピ集『DOMINIQUE ANSEL: The Secret Recipes』がサイモン&シュスター社より刊行されました。